生命保険に加入する時に、嘘の情報を申告すると告知義務違反になるので、注意してください。 告知義務違反とは、健康に問題があるのにも関わらず、そのことを伝えなかったり、事実と異なる情報を伝えることです。 生命保険に加入する際には、健康状態が非常に重要な事項となり、健康状態によっては保険料がアップする可能性がありますし、加入を断られるケースもあります。 そのため、嘘の情報を申告するという人もいますが、これは絶対にしてはいけないことです。 仮に、告知義務違反が発覚した場合、以下のような処置を取られます。 ・保険契約の解除 ・保険金や給付金の返還 告知義務違反が発覚した場合は、加入している生命保険の契約を一方的に解除されます。 また、それまで受け取った保険金や給付金を全て保険会社に返還しないといけません。 それに、悪質だと判断された場合は詐欺罪が成立する可能性もあるため、十分に注意する必要があります。 保険会社によっても告知義務違反の処分は異なるので、事前に確認しておくようにしましょう。